スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災から1ヶ月

2011/04/11  CATEGORY/写真
東日本大震災からもう1ヶ月が経ちました。
あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、
被災者の方々へお見舞い申し上げます。
今日また福島県や茨城県等では大きな余震がありました。
未だ不安な状況が続いています。

3/11、白馬でも2回ほど揺れを感じました。
震度3ほどでしたが、北アルプス側から「ゴゴゴーッ」
という音が響き渡りました。
小日向山ではガイドお二人の方が地震によって
起きた雪崩でお亡くなりになりました。
白馬では大きな被害はなかったものの
宿泊業、観光業に強烈なダメージを受けました。
大会、イベントの自粛、節電等や宿泊のキャンセルが相次ぎ
アルバイトや従業員はやめさせられ、
大勢の外国人も帰国してしまいました。

長野県は中部電力のため、計画停電の実施がなかったことが
唯一の救いでしょうか。

お隣の新潟県は東北電力のため、計画停電の影響で
温泉をくみ上げているポンプが止まってしまい、
温泉がでなくなり、ポンプ交換しなくてはいけない宿もあったようです。
今も温泉が出ない宿もあり、新潟県だけではなく
日光や伊豆、箱根等の温泉地も大打撃を受けています。

そんな厳しい状況が続く地域の方を思うと、
白馬に住んでいて、あれこれと
文句をいってはいけないな~と感じます。

ガソリンも普段通り、給油できるようになって
水も飲めます。生活するにはほとんど問題ありません。
スーパーではヨーグルトや納豆、牛乳などが品薄ですが
これは計画停電による影響のようなので
しばらくすれば解消されることでしょう。

毎日テレビで様々な報道が取り上げられていますが、
もう少し明るい話題が出てもいいのでは…と思います。
朝晩まだ寒いですが、ふきのとうやフクジュソウなどが咲きだして
ようやく白馬にも春が来たようです。
これからの季節はかわいい花々が咲き誇り、色彩豊かな大自然が
私たちを癒してくれます。
お花見できなかった方はぜひ、これから咲く信州の桜を見にいらしてください。
気分転換になって心が軽やかになりますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。